CII ベスト プラクティス バッジ プログラム

バッジを入手する

Linux Foundation (LF) Core Infrastructure Initiative (CII) ベスト プラクティス バッジは、Free / Libre and Open Source Software(FLOSS)プロジェクトが、ベスト プラクティスに従っていることを自ら示す方法です。プロジェクトは、このWebアプリケーションを使用して、それぞれのベスト プラクティスに従っていることを説明することにより、自主的に無償で自己証明することができます。 CII ベスト プラクティス バッジは、GitHubのプロジェクトで利用可能な多くのバッジからインスピレーションを受けています。バッジの消費者は、どのFLOSSプロジェクトがベスト プラクティスに従っているかを速やかに評価でき、その結果、より高品質で安全なソフトウェアを生産することができます。

バックグラウンドや基準など、CII ベスト プラクティス バッジ プログラムの詳細については、 GitHubで公開されています。 プロジェクトの統計情報基準の統計情報も確認できます。 プロジェクト ページには、参加しているプロジェクトが表示され、クエリも使用できます (「合格バッジを持つプロジェクトだけ表示する」クエリなど)。また、その例 (当プロジェクトのバッジ取得サイト) も見ることができます。

プライバシーと法的問題プライバシーポリシー利用条件をご覧ください。公開されているすべての非コード コンテンツは、少なくともCreative Commons Attribution License version 3.0 (CC-BY-3.0) のもとでリリースされています。また、より新しい非コード コンテンツは、CC-BY version 3.0 以降 (CC-BY-3.0+) のもとでリリースされています。詳細や不足事項については、CII ベスト プラクティス バッジのコントリビューターまでご連絡ください。