FLOSSベストプラクティス基準(シルバー バッジ)

これは、コアインフラストラクチャイニシアチブ(CII)ベストプラクティスのシルバーバッジを達成するための、フリー/リブレおよびオープンソースソフトウェア(FLOSS)プロジェクトのベストプラクティスのセットです。このリストは、基準のみまたは追加情報とともに表示できます 。 条件の完全なセットも利用できます。

これらの基準の詳細については、 基準の説明を参照してください。

シルバー

基本的情報

前提要件

  • プロジェクトは合格レベルバッジに達成しなければなりません。 [achieve_passing]

基本的なプロジェクト ウェブサイトのコンテンツ

  • 貢献する方法に関する情報には、受け入れ可能な貢献の要件(例えば、必要なコーディング標準への言及)が含まれなければなりません。 {Met URL} [contribution_requirements]

プロジェクトの管理・運営

  • プロジェクトは、プロジェクト ソフトウェアのそれなりの量を開発しているすべての開発者が、これらの貢献を行うことが法的に認められていると主張すりょうな法的な仕組みを持っていなければなりません。これを行うための最も一般的で簡単に実装されたアプローチは、開発者証明書(DCO)を使用することです。ユーザーは、 DCOのウェブサイトへのプロジェクトのリンクが表示されます。ただし、これはコントリビュータ ライセンス契約(CLA)またはその他の法的な仕組みとして実装することができます。 {Met URL} [dco]
  • プロジェクトは、プロジェクト ガバナンス モデル(主要な役割を含む意思決定方法)を明確に定義し、文書化しなければなりません。 {Met URL} [governance]
  • プロジェクトは、行動規範を採択し、標準的な場所に掲示しなければなりません。 {Met URL} [code_of_conduct]
  • プロジェクトは、プロジェクトでの重要な役割と役割が実行しなければならないタスクを含む責任を明確に定義し、公的に文書化しなければなりません。誰がどの役割を持っているかは明確でなければなりませんが、これは同じ方法で文書化されていない可能性があります。 {Met URL} [roles_responsibilities]
  • いずれかの人が仕事を継続できなくなるまたは死亡した場合、プロジェクトは最小限の中断で継続することができなければなりません。特に、プロジェクトは、課題の作成と終了、提案された変更の受け入れ、およびバージョンのソフトウェアのリリース、1週間内に個人が仕事を継続できくなったことまたは死亡したことの確認、行うことができなければならない。これは、他の誰かがプロジェクトを継続するのに必要な鍵、パスワード、法的権利を持っていることを保証することによって行うことができます。 FLOSSプロジェクトを実行する個人は、ロックボックスにキーを提供し、必要な法的権利を提供する意志(例えば、DNS名のために)を提供することによって、これを行うことができます。 {Met URL} [access_continuity]
  • プロジェクトは2以上の "バス ファクタ"を持っているべきです。 {Met URL} [bus_factor]

ドキュメンテーション

  • プロジェクトは、少なくとも翌年に、プロジェクトが何をしたいか、やるつもりはないかを記述した文書化されたロードマップを持っていなければなりません。 {Met URL} [documentation_roadmap]
  • プロジェクトは、プロジェクトによって作成されたソフトウェアのアーキテクチャー(いわゆる高水準設計)の文書を含まなければなりません。プロジェクトでソフトウェアが作成されない場合は、「該当なし」(N/A)を選択します。 {N/A justification} {Met URL} [documentation_architecture]
  • プロジェクトは、ユーザーが、プロジェクトによって作成されたソフトウェアからセキュリティの観点から期待できるものと期待できないものを文書化しなければなりません。(セキュリティ要件) {Met URL} [documentation_security]
  • プロジェクトでは、新規ユーザーがソフトウェアで何かをすばやく実行できるようにするための「クイックスタート」ガイドを提供する必要があります。 {N/A justification} {Met URL} [documentation_quick_start]
  • プロジェクトは、現行バージョンのプロジェクト結果(プロジェクトによって作成されたソフトウェアを含む)とドキュメントの整合性を保つために努力しなければならない。 不一致を招く既知のドキュメントの欠陥は、修正しなければなりません。ドキュメントが一般的に最新のものですが、古い情報が誤って含まれて、もはや正しくない場合は、それを欠陥として扱い、通常どおりに追跡して修正してください。 {N/A justification} {Met justification} [documentation_current]
  • プロジェクトのリポジトリのフロントページおよび/またはウェブサイトは、このベストプラクティスのバッジを含め、成果が達成されたことを一般に認められてから48時間以内に特定し、ハイパーリンクする必要があります。 {Met URL} [documentation_achievements]

アクセシビリティと国際化

  • プロジェクト(プロジェクト サイトとプロジェクト結果の両方)は、アクセシビリティのベストプラクティスに従い、障害のある人が引き続きプロジェクトに参加し、プロジェクトの結果を合理的な範囲で使用することができるようにするべきです。 {N/A justification} {Met justification} [accessibility_best_practices]
  • プロジェクトによって作成されたソフトウェアは、ターゲット オーディエンスの文化、地域、または言語へのローカリゼーションを容易にするために国際化されるべきです。国際化(i18n)が適用されない場合(たとえば、ソフトウェアがエンドユーザー向けのテキストを生成せず、人間が読めるテキストを扱わない場合)、「該当なし」(N/A)を選択します。 {N/A justification} {Met justification} [internationalization]

その他

  • プロジェクト サイト(ウェブサイト、リポジトリ、およびダウンロードURL)が外部ユーザーの認証用のパスワードを格納する場合、パスワードは、キーストレッチ(反復)アルゴリズム(PBKDF2、Bcrypt、Scrypt、PBKDF2など)を使用してユーザーごとのソルトで反復ハッシュとして保存する必要があります。プロジェクトサイトがこの目的のためにパスワードを保存しない場合は、「該当なし」(N/A)を選択します。 {N/A justification} {Met justification} [sites_password_security]

変更管理

以前のバージョン

  • プロジェクトは、最も頻繁に使用される古いバージョンの製品を維持するか、または新しいバージョンへのアップ グレードを提供しなければなりません。アップ グレード方法が困難な場合は、プロジェクトは、アップグレード方法(変更されたインターフェイスや、アップグレードに役立つ詳細な手順など)を記載しなければなりません。 {N/A justification} {Met justification} [maintenance_or_update]

報告

バグ報告プロセス

  • プロジェクトは、個々の課題を追跡するための課題トラッカーを使用する必要があります。 {N/A justification} {Met justification} [report_tracker]

脆弱性報告プロセス

  • プロジェクトは、匿名の報告者を除いて、過去12ヶ月間に解決されたすべての脆弱性の報告者に信用していることを伝えなければなりません。過去12ヶ月間に解決された脆弱性がない場合は、「該当なし」(N / A)を選択します。 {N/A justification} {Met URL} [vulnerability_report_credit]
  • プロジェクトには、脆弱性レポートに対応するための文書化されたプロセスがなければなりません。 {Met URL} [vulnerability_response_process]

品質

コーディング標準

  • プロジェクトは、使用する主要な言語のための特定のコーディング スタイル ガイドを指定しなければなりませんし、貢献が一般にそれに準拠することを要求しなければなりません。 {N/A justification} {Met URL} [coding_standards]
  • 選択した言語において行うことができるFLOSSツールが少なくとも1つあれば、プロジェクトは自動的に選択したコーディングスタイルを適用しなければなりません。 {N/A justification} {Met justification} [coding_standards_enforced]

作業ビルドシステム

  • ネイティブ バイナリのビルドシステムは、それらに渡される関連するコンパイラおよびリンカ(環境)変数(CC、CFLAGS、CXX、CXXFLAGS、LDFLAGSなど)を受け入れ、コンパイラおよびリンカ呼び出しに渡す必要があります。ビルド システムは追加のフラグでそれらを拡張するかもしれません。提供された値を単にそれ自身のものに置き換えてはいけません。ネイティブバイナリが生成されていない場合は、「該当なし」(N/A)を選択します。 {N/A justification} {Met justification} [build_standard_variables]
  • ビルドとインストール システムは、関連するフラグ(例えば、 "install -s"が使用されていない)で要求されたデバッグ情報を保存しておくべきです。ビルドやインストール システムがない場合(例:一般的なJavaScriptライブラリ)は、「該当なし」(N/A)を選択します。 {N/A justification} {Met justification} [build_preserve_debug]
  • プロジェクトによって作成されたソフトウェアのビルド システムは、サブディレクトリに相互依存関係がある場合、再帰的にサブディレクトリをビルドしてはなりません。ビルドやインストール システムがない場合(例:一般的なJavaScriptライブラリ)は、「該当なし」(N/A)を選択します。 {N/A justification} {Met justification} [build_non_recursive]
  • プロジェクトは、ソースファイルから情報を生成するプロセスを繰り返すことができなければならず、ビット単位でまったく同じ結果を得ることができなければなりません。ビルドが発生しない場合(例えば、ソースコードをコンパイルする代わりに直接使用するスクリプト言語)は、「該当なし」(N/A)を選択します。 {N/A justification} {Met justification} [build_repeatable]

インストールシステム

  • プロジェクトは、プロジェクトで作成されたソフトウェアを一般的に使用されているやり方で簡単にインストールおよびアンインストールする方法を提供する必要があります。 {N/A justification} {Met justification} [installation_common]
  • エンドユーザ用のインストール システムは、インストール時にビルドされる生成物が書き込まれる場所を選択するための標準的な規則を守らなければなりません。たとえば、POSIXシステムにファイルをインストールする場合は、DESTDIR環境変数を守らなければなりません。インストール システムがない場合や標準的な規約がない場合は、「該当なし」(N / A)を選択します。 {N/A justification} {Met justification} [installation_standard_variables]
  • プロジェクトは、潜在的な開発者がすべてのプロジェクト結果を迅速にインストールし、テストやテスト環境を含む変更を行うために必要な環境を迅速にインストールする方法を提供しなければなりません。これは、一般に使用されている手法で実行する必要があります。 {N/A justification} {Met justification} [installation_development_quick]

外部で維持管理されるコンポーネント

  • プロジェクトは、外部依存関係をコンピュータ処理可能な方法でリストしなければなりません。 {N/A justification} {Met URL} [external_dependencies]
  • プロジェクトは、既知の脆弱性を検出し、悪用可能な脆弱性を修正したり、悪用できない脆弱性として確認するために、外部の依存先(コンビニエンス コピーを含む)を監視または定期的にチェックしなければなりません。 {N/A justification} {Met justification} [dependency_monitoring]
  • プロジェクトは
    1. 再使用された外部管理コンポーネントの識別と更新を容易にできるようにしている、 または
    2. システムまたはプログラミング言語によって提供される標準コンポーネントを使用している
    のどちらかでなければなりません。そうすれば、再利用されたコンポーネントに脆弱性が見つかった場合に、そのコンポーネントを簡単に更新することができます。 {N/A justification} {Met justification} [updateable_reused_components]
  • プロジェクトは、使用するテクノロジ セット(その "テクノロジ スタック")において、プロジェクトがサポートするユーザの超大多数がFLOSSの代替案を利用可能な(ユーザが代替手段にアクセスしている)場合には、評価の低いまたは時代遅れの機能とAPIの使用を避けるべきです。 {N/A justification} {Met justification} [interfaces_current]

自動テスト スイート

  • 少なくとも1つのブランチの共有リポジトリへの各チェックインに対して、自動テスト スイートが適用される必要があります。このテスト スイートは、テストの成功または失敗に関するレポートを生成しなければなりません。 {Met justification} [automated_integration_testing]
  • プロジェクトは、過去6ヶ月以内に修正されたバグの少なくとも50%について、自動テスト スイートに回帰テストを追加しなければなりません。 {N/A justification} {Met justification} [regression_tests_added50]
  • プロジェクトは、選択された言語でこの基準を測定できる少なくとも1つのFLOSSツールがある場合、少なくとも80%のステートメントカバレッジを提供するFLOSS自動テストスイートを備えていなければなりません。 {N/A justification} {Met justification} [test_statement_coverage80]

新機能テスト

  • プロジェクトには、主要な新機能が追加されると、新しい機能のテストが自動化されたテスト スイートに追加されなければならないという正式な文書化されたポリシーがなければなりません。 {N/A justification} {Met justification} [test_policy_mandated]
  • プロジェクトは、変更提案のための文書化された手順に、重要な新機能用にテストを追加するという方針を含まなければなりません。 {N/A justification} {Met justification} [tests_documented_added]

警告フラグ

  • プロジェクトによって作成されたソフトウェアにある警告に、実際的な場合には、最大限に厳格にならなければなりません。 {N/A justification} {Met justification} [warnings_strict]

セキュリティ

セキュリティに関する開発知識

  • 適用できる場合、プロジェクトはセキュア設計原則(「know_secure_design」から)を実装しなければなりません。プロジェクトでソフトウェアが作成されていない場合は、「該当なし」(N / A)を選択します。 {N/A justification} {Met justification} [implement_secure_design]

優良な暗号手法を使用する

  • プロジェクトによって作成されたソフトウェア内のデフォルトのセキュリティ メカニズムは、既知の重大な脆弱性を持つ暗号アルゴリズムやモード(たとえば、SHA-1暗号ハッシュ アルゴリズムまたはSSHのCBC モード)に依存してはいけません。 {N/A allowed} {Met justification} [crypto_weaknesses]
  • プロジェクトは複数の暗号アルゴリズムをサポートするべきですので、ユーザーは破られた場合に素早く切り替えることができます。一般的な対称鍵アルゴリズムには、AES、Twofish、およびSerpentがあります。一般的な暗号化ハッシュ アルゴリズムには、SHA-2(SHA-224、SHA-256、SHA-384およびSHA-512を含む)およびSHA-3があります。 {N/A allowed} {Met justification} [crypto_algorithm_agility]
  • プロジェクトは、他の情報(構成ファイル、データベース、ログなど)とは別にしたファイルに、認証資格情報(パスワードやダイナミックトークンなど)やプライベート暗号鍵を格納することをサポートしなければなりませんし、ユーザーがコードの再コンパイルなしにそれらを更新や置き換えできるように許可しなければなりません。プロジェクトが認証資格情報とプライベート暗号化鍵を決して処理しない場合は、「該当なし」(N/A)を選択します。 {N/A allowed} {Met justification} [crypto_credential_agility]
  • プロジェクトで作成されたソフトウェアは、ネットワーク通信すべてに対して、SSHv2以降、TLS1.2以降 (HTTPS)、IPsec、SFTP、SNMPv3などのセキュア プロトコルをサポートするべきです。FTP、HTTP、telnet、SSLv3以前、およびSSHv1などのセキュアでないプロトコルは、デフォルトで無効にし、ユーザーが特別に設定した場合のみ有効にするべきです。プロジェクトによって作成されたソフトウェアがネットワーク通信をサポートしない場合は、「該当なし」(N/A)を選択します。 {N/A allowed} {Met justification} [crypto_used_network]
  • プロジェクトによって作成されたソフトウェアは、TLSをサポートあるいは使用する場合、少なくともTLSバージョン1.2をサポートするべきです。TLSの前身は、SSLと呼ばれていたことに注意して下さい。ソフトウェアがTLSを使用ない場合、「該当なし」(N/A)を選択します。 {N/A allowed} {Met justification} [crypto_tls12]
  • TLSをサポートしている場合、プロジェクトで作成されたソフトウェアは、TLSを使う時には、サブリソースを含めて、デフォルトでTLS認証を受けなければなりません。ソフトウェアがTLSを使用しない場合、「該当なし」(N/A)を選択します。 {N/A allowed} {Met justification} [crypto_certificate_verification]
  • TLSをサポートしている場合、プロジェクトによって作成されたソフトウェアは、(たとえばセキュアクッキーなど)プライベートな情報をHTTPヘッダと共に送信する前に、証明書の検証をしなければなりません。ソフトウェアがTLSを使用しない場合は、「該当なし」(N/A)を選択します。 {N/A allowed} {Met justification} [crypto_verification_private]

公開物の安全性

  • プロジェクトは、広く普及することを意図しているプロジェクト結果のリリースには暗号で署名しなければなりませんし、パブリック署名鍵を入手して署名を検証する方法をユーザに説明するプロセスがなければなりません。これらの署名の秘密鍵は、ソフトウェアを一般に直接配布するために使用されるサイトにあってはなりません。リリースが広く普及することを意図していない場合は、「該当なし」(N/A)を選択します。 {N/A justification} {Met justification} [signed_releases]
  • バージョン管理システムでは、 signed_releases で説明されているように、重要なバージョンタグ(メジャーリリース、マイナーリリース、または公開されている脆弱性の一部であるタグ)を暗号署名して検証することが推奨されています。 {Met justification} [version_tags_signed]

その他のセキュリティ上の課題

  • プロジェクトの結果は、潜在的に信頼できないソースからのすべての入力をチェックして有効であること(*allowlist*)を確認し、データに何らかの制限がある場合は無効な入力を拒否しなければなりません。 {N/A justification} {Met justification} [input_validation]
  • プロジェクトによって作成されたソフトウェアで強化メカニズムを使用するべきですので、ソフトウェア欠陥がセキュリティ上の脆弱性を引き起こす可能性が低くなります。 {N/A justification} {Met justification} [hardening]
  • プロジェクトは、そのセキュリティ要件が満たされていることを証明する保証ケースを提供しなければならない。保証ケースには、脅威モデルの説明、信頼境界の明確な識別、セキュアな設計原則が適用されていることの議論、共通の実装セキュリティの弱点が対処されたことの議論が含まれなければならない。 {Met URL} [assurance_case]

分析

静的コード解析

  • プロジェクトは、選択された言語でこの基準を実装できる少なくとも1つのFLOSSツールがある場合、解析された言語または環境で共通の脆弱性を探すためのルールまたはアプローチを備えた少なくとも1つの静的解析ツールを使用しなければならなりません。 {N/A justification} {Met justification} [static_analysis_common_vulnerabilities]

動的コード分析

  • もしプロジェクトで作成されたソフトウェアにメモリ安全でない言語(CやC ++など)を使用して作成されたソフトウェアが含まれているならば、そのときには 少なくとも1つの動的ツール(たとえば、ファジーまたはウェブ アプリケーション スキャナ)を、バッファの上書きなどのメモリの安全性の問題を検出するメカニズムと一緒にいつも使用します。プロジェクトがメモリ安全でない言語で書かれたソフトウェアを作成しない場合は、「該当なし」(N/A)を選択します。 {N/A justification} {Met justification} [dynamic_analysis_unsafe]